屋形船の選び方

屋形船で夏の風流を味わおう

今年も夏がやってまいりました。
夏といえば、花火の季節です。
地上から花火を見るのもよいですが、いつもと違った視点から花火を楽しんではいかがでしょうか。
屋形船から花火を見る良さは、ゆったりと花火を鑑賞できるところです。
地上から鑑賞する場合、どうしても前後や横の人ごみが景色を邪魔してしまい、肝心な花火を見逃してしまったという方もいるはずです。
川の上を進み、人ごみに邪魔されずに花火を楽しむことができます。
また、水面に映った灯りが幻想的な雰囲気として、とても印象的に感じることでしょう。
屋形船のはじまりは、江戸時代から始まったとされています。
夏の暑さに見舞われた人々は涼を求め、川や海へ出かけ、「船遊び」と呼ばれるようになりました。
こうして、人々の間で屋形船が定着していきました。
昔は、夏場の風物詩となっていましたが、現在は、オールシーズンで楽しむことができます。
春は桜、夏は涼を求めて、秋はお月見、冬は澄んだ夜空など一年を通して素敵な夜空を満喫できます。
現在は、冷暖房完備で夏場・冬場も快適に利用でき、カラオケ機材を搭載したものまであります。
個人の利用から、会社の飲み会での利用など様々なシーンで楽しむことができます。

屋形船の失敗しない選び方

夏場を中心に人気のイベントに「屋形船」がありますが、東京では隅田川の川下りなどは大変有名です。
色々な業者が様々な顧客獲得合戦を行っているさなか、どれを選んだらいいのか迷ったり悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
メジャーな屋形船の遊覧コースとして人気なのが、お台場、スカイツリーが挙げられ、季節的にお花見のシーズンや夏場の夜の納涼シーズンなどは大変なにぎわいを見せています。
なので、混雑するシーズンは先手必勝で予約をする必要があり、あまりもたもた選んでられません。
利用する人数や目的で貸切タイプにするかのり合いタイプで大丈夫なのかは、最初に確認しておきましょう。
どの船を選ぶかで大事なポイントとなってくるのが、「お料理、料金、サービス」の3つになります。
はっきり言って遊覧するコースや景色はどこの船を選んでもあまり大差ありません。
いかに楽しく過ごすかということに主眼を置いていれば、サービス面で充実している所を選べば、はずれが少ないでしょう。
川から花火を楽しみたいという団体であれば、お酒や料理が充実している所を選ぶのは重要です。
まずそこをクリアしてから料金比較をして決定しないと本来の目的を達成できないので、「失敗した」気分になります。

Valuable information

カナダ留学をサポートしてくれます

カナダ 留学

タバコに関しての気になる情報がまとまっています。

タバコのアレルギーを調べる

ウブロ、キングパワーの強化買取を行っており、高額での買い取りが可能です。

ウブロ キングパワー 高額買取

2018/5/17 更新