花火を楽しむ

花火を見るなら屋形船

花火大会は、隅田川や東京湾など水辺で開催されることが多々あります。
そんな時に選択肢の一つとして考えたいのが、屋形船での花火観賞です。
屋形船で水の上に出てしまうと、もう場所取りなどの心配をすることはなく、ゆっくりと味わうことができます。
船上で、天ぷらを中心としたおいしい料理を食べながらの花火見物は、わくわくしながらも、大人の非日常感を得ることができます。
スカイデッキなどと呼ばれる船の屋上にあたる部分に登れば、視界は360度となり、風を感じる解放感があり、また、なんといっても圧倒的な臨場感を得ることができます。
屋形船は、団体で貸し切りで利用するというイメージがありますが、少人数でも利用できる乗合プランもあるので、だれでも参加することが可能です。
多くの場合、予約制ですが、早い時期に満席になってしまう場合も多くあります。
候補に考えるなら、早めにチェックして、迅速に問い合わせるなどの対応をすることが望まれます。

夏の花火を楽しむなら屋形船

夏になると各地で花火大会が開かれます。
夜空に広がる光に見とれ、大きな「ドーン」という音に興奮していると暑さも忘れてしまうことでしょう。
できたらいい場所で打ちあがるところをゆっくり見たいものですが、見てみたいと思うような有名な大会になればなるほど、会場の混雑がひどくなかなか思うように場所を取ることができず、あきらめてしまう人もいるかもしれません。
さらに、最寄となる駅の混雑や電車の混雑に揉まれるとせっかく暑さを忘れ癒された気分が元に戻ってしまうでしょう。
そんな時は、屋形船による花火大会見学を企画してみるといいでしょう。
屋形船で料理を食べお酒を飲みながらゆっくりと鑑賞することで夜空の光を屋形船に乗った人で独占しているかのような感覚が得られるでしょう。
もちろん別途料金が必要になりますが、花火大会の地上の混みを避ける場所代だと思えば払う価値はあるのではないでしょうか。
自分達だけでのプライベート空間で鑑賞できる点は大きな魅力でしょう。

check

2016/9/5 更新