屋形船でお花見

屋形船で安くお花見を楽しむには

屋形船のはじまりは江戸時代吉宗の頃からといわれ当時の江戸っ子の楽しみの一つでした。
当時の江戸は蒸し暑く海や川に涼を求めて出かけました。
現在では夏に限らずオールシーズン楽しめますが特に春のお花見や夏の花火のシーズンには賑わいをみせます。
お酒とおいしい料理を食べながら水上から桜を眺める事が出来贅沢な気分が味わえる事が屋形船の魅力です。
水上からの眺めは河川の両岸から眺めるお花見とは一味違う楽しみ方ができるでしょう。
屋形船は貸し切りで高級なイメージが強く料金も高いと思われていますが、安い料金で気軽に楽しむこともできます。
乗り合いを利用すれば2人から乗る事ができるので価格も安くお花見を楽しむ事ができます。
乗り合いは知らない人同士で船に乗るのでメリットもありデメリットもありますが友人同士、カップルで気軽に利用する事ができ便利です。
割安の料金で楽しむ事ができるのが魅力です。
シーズン中は混むので早めに予約した方がよいでしょう。

屋形船における花見と花火大会について

屋形船とは、和船の1つで屋根・座敷が備わっている船で、船内で食事・宴会等を楽しみます。
屋形船を提供する業者を船宿と言います。
ほとんどの屋形船には、トイレ・キッチンが備わっています。
船の大きさは、全長20メートル前後で、20名~100名程度が収容できます。
団体で貸し切りが一般的ですが、乗り合いを提供する船宿もあります。
食事は、刺身・テンプラが多いですが、特産品を生かした、カキ・ワカサギ・お好み焼き・もんじゃ等を提供する船宿もあります。
1乗船の時間は、数時間が一般的です。
近年では、河川観光(花見や花火)で利用するケースも多く、食事もセットになっていることが多いです。
花見シーズン・花火大会等特定日は通常時と比べて値段が高くなります。
船宿は河川にある花や花火が綺麗に鑑賞できる場所を把握している場合が多いため、船から優雅にゆっくりと他の人を気にせず、観賞することができます。
さらに、帰宅時の交通渋滞・公共交通機関の混雑を避けることができます。

Favorite

トイプードルブリーダー シルバー

Last update:2017/7/6